30代サラリーマンの生き方。

30代サラリーマンが、自分がググってもよくわからなかったことをまとめてアップしていきます。備忘録的な要素あり。

確定拠出年金、商品買ってみました。

確定拠出年金、とりあえず定期預金から商品を買ってみました。

銘柄を調べようと思ったのですが、とりあえずはランニングコストが安いところで試してみようと思いました。

0.目次

1.購入した商品

「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」を購入しました。

TOPIX東証株価指数)をベンチマーク(参考にする)とした商品とのことです。

なので、東証の株価が上がればこの商品の価値も上がります。日本株、がんばれ!

stocks.finance.yahoo.co.jp

2.購入までの流れ 

とりあえず、楽天証券にログインします。

f:id:lakedoor50:20170227225533p:plain

 

保有商品を入れ替えることをスイッチングというらしいです。 

f:id:lakedoor50:20170227225546p:plain

 

 スイッチングします。

f:id:lakedoor50:20170227225555p:plain

 

 定期預金を売却というのもおかしな感じですが、売却します。

f:id:lakedoor50:20170227225601p:plain

 

 今回は全部売却します。

f:id:lakedoor50:20170227225606p:plain

 

 あとは欲しい商品を選ぶだけです。

 

1月29日の夜に手続きをしたら、翌日1月30日に定期預金売却の発注がされて、1月31日に約定されました。そして2月1日に商品購入の発注がされました。遅いような気がしますが、こんなものなんですかね。

f:id:lakedoor50:20170227225631p:plain

  

ちょっと時間が飛びますが、2月14日にも同じ商品を購入しました。しばらくは、この商品を購入してみようと思います。

f:id:lakedoor50:20170227225730p:plain

 色々と調べてみると、他の商品を購入してリスク回避をしたほうが良いという意見もありましたが、まだはじめたばかりということと、とりあえず商品を購入してみないことにはわからないという点から、勢いのままに購入しました。

まあ、購入する商品や積立金額を変更しなければ、TOPIXドルコスト平均法なので、ハイリスクではないかなと勝手に思っておきます。

 3.おわりに。

確定拠出年金の商品購入は、株式取引やFXなどと比べると商品購入までの時間が長いですが、どうせ老後にしか使えない資金ですので、焦らずいこうと思います。

今後は、日経平均株価TOPIXのトレンド分析をしていけたらいいなと思います。

 

確定拠出年金、商品選び(野村J-REITファンド)

確定拠出年金の商品について、どれが良さげなのかを調べております。

1日1銘柄、調べていければいいかなと思っています。

0.目次

1.野村J-REITファンド

楽天証券の提供商品一覧の中から、適当にどれか調べてみようと思い確認していたのですが、基準価額が大きい「野村J-REITファンド」が気になりました。

野村は野村證券グループの野村。REITは不動産に投資する商品。Jは日本版。ファンドは色々な意味があるが、ここでは団体という表現が良いかと。

ですので、「野村J-REITファンド」は「野村證券グループが日本版の不動産に投資する商品を取り扱っている団体」という感じですかね。こういった商品は、横文字やカタカナ語が多いので、わかりやすい名前にしてほしいですね。

f:id:lakedoor50:20170124231455p:plain

 

 

 「野村J-REITファンド」の詳細を確認すると、ファンドスコアが★5つ。

f:id:lakedoor50:20170124231458p:plain

 

これは多いのが良いのか少ないのが良いのか、どっちがいいんだろうと思って調べたら、多いほうが良いとのことです。

f:id:lakedoor50:20170124232832p:plain

 「野村J-REITファンド」は、同じ分類に属するファンドと比較して優秀ということですね。なるほど。

 でも、ずっとファンドスコアが良いという保証はないので、これだけで決めるのもどうなんだろうというところですね。あとファンドの管理費用が1.026%も、高いのか安いのかわからず。 

 2.おわりに。

もう何種類かの銘柄を調べてみようとは思いますが、ファンドスコアを参考にする投資というのもありかなと思いつつあります。

とりあえず、ファンドスコア順でまとめてみようかな。

確定拠出年金、調査中。

f:id:lakedoor50:20170123233230p:plain

楽天証券のWebページを確認したところ、確定拠出年金の積み立てについて、どの商品にどれだけ按分すれば良いのか参考となるページがあったので、まとめます。

0.目次

1.保有商品を入れ替えてみよう。

まず、楽天証券にログインして、確定拠出年金のところまで移動します。

そして、「保有商品を入れ替える」(上の画像、赤丸のところ)をクリックします。

 

 

 

「保有商品の入れ替え設定へ(スイッチング)」(赤丸のところ)をクリック。

f:id:lakedoor50:20170123233237p:plain

 

 

 

掛金の配分変更(赤丸のところ)をクリック。 

f:id:lakedoor50:20170123235204p:plain

 

 

 

「どんな商品を選んだら良いかわからない方はこちら」(赤丸のところ)をクリック。

f:id:lakedoor50:20170123233243p:plain

 

 

 

そうすると、投資っぽい画面が表示されてきました。

今回は、「リスク・リターンを自分で考えてポートフォリオから選ぶ」(赤丸のところ)をクリック。

f:id:lakedoor50:20170123233246p:plain

 

 

 

「元本確保型」、「安定重視「安定成長「成長「積極」と5つのモデルが表示されました。今回は「積極型」(赤丸のところ)をクリック。

f:id:lakedoor50:20170123233249p:plain

 

 

 

ざっくりとした資産配分のモデルが表示されました。(赤丸のところ)

f:id:lakedoor50:20170123233251p:plain

 

 

 

そして、今回よくわかったのが、結局はこの按分比率を参考にしながら、自分でどの商品に按分するのかを決めないといけないということです。(赤四角のところ。画像は切れていますが、まだ下に商品が記載されています。)

また、出直します(笑)

f:id:lakedoor50:20170123233257p:plain

 

 2.おわりに。

はじめは、 システムが配分比率を考えてくれるのかな?と思っていたのですが、そうはいきませんでした。積み立てている資金が減らなければ良いので、しばらくは定期預金のままになりそうです(笑)

 

lakedoor50.hatenablog.com

lakedoor50.hatenablog.com

lakedoor50.hatenablog.com