読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代サラリーマンの生き方。

30代サラリーマンが、自分がググってもよくわからなかったことをまとめてアップしていきます。備忘録的な要素あり。

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金

f:id:lakedoor50:20170121103123j:plain

確定拠出年金のメリットは、税金を節税できることです。どの税金がどれぐらい節税できるのかをまとめます。

0.目次

1.節税できる税金。

節税できる税金は、主に所得税と住民税です。

確定拠出年金で運用した投資で得た利益に対する税金も非課税ですが、利益が出るかわかりませんので、確実ではありません。

2.どれぐらい節税できるのか。(所得税

まず、自分自身の所得税の税率が何パーセントなのかを知る必要があります。税率については、別でまとめます。

つぎに、なぜ節税できるのかについてですが、確定拠出年金で積み立てをした金額は、全額所得控除されます。年末調整で生命保険控除や住宅ローン控除も所得控除です。これらと同じという理解で大丈夫です。

所得(給料)から控除(差し引き)されます。

例えば、所得が100万円で所得税率が5%の場合、所得税は5万円になります。

この場合、確定拠出年金で20万円を積み立てしたら、所得は80万円となりますので、所得税は4万円になり、1万円の節税効果があります。

3.どれぐらい節税できるのか。(住民税)

住民税は、所得に対して一律10%です。
例えば、所得が100万円の場合、住民税は10万円になります。

この場合、確定拠出年金で20万円を積み立てしたら、所得は80万円となりますので、住民税は8万円になり、2万円の節税効果があります。

4.おわりに。

所得税と住民税をあわせると、所得の10%以上の節税効果が期待できます。銀行預金の金利と比べると、その効果は一目瞭然です。

少額でも良いので、早くから確定拠出年金の積み立てを始めることをオススメします。